SPM Instrument - condition monitoring solutions
SPM Instrument社紹介 SPM 製品紹介 SPM 製品サポート
contact us sitemap
    
   
  
  低速回転 転がり軸受け対応 状態診断法のご紹介

この度、SPM Instrument 社は、転がり軸受けの状態診断方法であるSPM法を元に低速回転領域を
確実に診断できる新状態診断方法 SPM HD 法 を開発しました。

SPM HD法は、従来のSPM法の原理と、測定信号に対する高度なデジタル処理技術を組み合わせた
方法です。
これらを組み合わせることにより、これまで状態評価が難しかった低速回転(50rpm以下)の転がり軸受けを
確実に状態診断することが可能となりました。

2010年より実施しているSPMユーザ様 低速回転装置(6~15rpm)での、導入テストでは交換実施の
14ヶ月前(最長)に初期の異常検知に成功し、その情報を元にした計画メンテナンスによる経費の削減に
役立っております。

SPM HD法は、現在 SPM オンラインシステム IntelliNova にてご利用いただくことができます。

低速回転装置の状態診断方法をお探しの方は是非一度、弊社までご連絡ください。

2008 SPM Japan. All rights reserved.