SPM Instrument - condition monitoring solutions
SPM Instrument社紹介 SPM 製品紹介 SPM 製品サポート
contact ussitemap
     

目的に対する最適な手段を利用してください
状態監視のコンセプトは非常に単純です。機械に発生する損傷の種類はメンテナンス作業者が一番よく知っています。作業者が必要とする情報は、第一に機械の状態を簡単に判断できるメッセージ 第二に機械異常時の詳細な異常度合い です。

機械に発生する様々な損傷要因に対し、的確に評価できる測定方法はありません。しかし、もし発生する損傷要因を定めることができれば、その要因に対して最も信頼できる結果を提供できる監視方法を選択することができます。SPM社は、様々な損傷要因に対し目的に合った測定方法(3種類)を計測器に搭載させています。:

ショックパルス測定法 (SPM®法)
回転機械の重要監視部品である転がり軸受の状態(損傷度合いや潤滑状態)を表す測定方法です。転がり軸受の情報と回転速度を入力するだけで、軸受の状態が分かる測定方法です。

振動の厳しさ測定(Vibration severity) (VIB)
アンバランス、機械構造の欠点、ゆるんだ部品など一般的な機械損傷を検出することに対して非常に効果があります。

振動スペクトル解析 (EVAM®法)
他の測定方法で測定できないような機械損傷に対し、振動をスペクトル解析することで状態を表し、また評価を行う測定方法

2008 SPM Japan. All rights reserved.