TOP 測定機能 計測器仕様 その他計測器 お問い合せ
Vib Checker VC100

マシンバイブチェッカー の測定機能

マシンバイブチェッカーは、国際振動測定評価規格 ISO10816に沿った振動の測定実施と測定結果に対する状態評価を行えるよう設計された振動計測器です。


振動測定機能

マシンバイブチェッカーの振動測定では、1度の測定で、3つの値(RMS値・Peak値・Peak to Peak値)が表示されます。
(Peak値とPeak to Peak値は、いずれか一つが表示されおり、上下ボタンで表示切り替えが可能)
また、表示値の単位は、一般的には速度(mm/s)ですが、管理目的に合わせて加速度(m/s²)や変位(µm)に変更することが可能です。





ISO10816規格に沿った状態評価機能

マシンバイブチェッカーには、国際振動測定評価規格のISO10816に定義されている評価規格を利用できます。

対象装置の状態診断基準にISO10816が使われている場合、その規格を設定することで、測定値に対しての状態を緑(正常)-黄(注意)-赤(異常)のいずれか本体LEDを点灯させ、作業者にその場で通知します。

また、初めて機械状態診断を行われる場合の判断基準としてご利用頂くことも可能です。



FFTスペクトル表示機能

マシンバイブチェッカーには、周波数範囲1000Hz、スペクトルライン 200のFFTスペクトル画面を表示することができます。

FFTスペクトル画面では、ズーム機能を初め、該当ラインへのマーキング機能など、簡易解析をサポートする機能を搭載しています。

FFTスペクトルを利用すれば、解析が容易な機械組み付け状態(アンバランスやミスアライメント・機械固定部のゆるみなど)について、個々の状態を知ることができ、異常振動原因の切り分け作業が可能となります。